小笠原で心と体を癒すツアー   びーはーと B♡heart 

時雨ダム100%








大好きな裸の芸人○○○100%じゃないですけど、20%を切るかと思われた父島の水がめ時雨(しぐれ)ダムも5月の終わりから雨が降り始め、これでもかというほど降り続き、めでたく、時雨100%となりました。
カラカラに干からびていた、家の隣の小川は濁流と化し、溢れるのではないかとヒヤヒヤ。
一時期は、大雨警報や土砂災害警報が発令されました。
島民の挨拶は、「 こんにちは。雨降って良かったね~ 」になり、節水グセがついた方もちらほら。
私も相変わらず、湧き水を汲ませてもらっています。
離島は水がなくなったら隣の県からもらうという訳にはいきません。
島民全員ではありませんが、かなりの人が、水の大切さを、私を含め今更ながら知った事でしょう。
神様はきっと忘れっぽい私達に、こうして自然の怖さと大切さを思い出させてくれているんですね!


iPodから送信

別窓 | 島の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

雨、降ったよー!







雨が、昨日から断続的に降っています。

降り出しと同時に軒下に沢山のバケツを並べ雨をキャッチ!雑用水に使います。
1日中降り続けー!と言う思いとは裏腹に、断続的なのがちょっと悲しいけど、降らないよりはまし。

そして農園内の涸れ沢に、水が上流から流れはじめれる瞬間を目撃したけど、上手く写真に撮れませんでした。

今日の貯水率は18.9% もう少し増えるとは思うけど、まだまだ油断はできません。

村の説明では断水、イベントの中止、観光客の制限などは考えてないらしい。
小笠原丸が入って観光客が増えると水の使用量が200トン/日くらい増える
このままGWを何とかやりすごしても、この先雨が降らなければ、7月には、ダムは枯渇するらしい。
観光業に多くの島民が携わっているので仕方ないけど、そんな事言ってる場合じゃない非常事態の気もする

村民は不安な日々を過ごしています。
ご意見ご提案があれば、どんどん小笠原村役場へお願いします。

iPodから送信
別窓 | 島の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨


昨日のフィティイ散歩、霧雨が降ってきたけど、なんとかなるかな?と海へ行くと20分くらいでどしゃ降りに。
すでに20%を切ってしまったダムの貯水率を考えれば、やったーどしゃ降りだ!
と思ったのも束の間、30分も降らないうちにまた霧雨に。
お散歩をじゃまされた挙句に貯水率も上がらず。残念。もっと雨降れー!


相変わらず農園内の小川は涸れ沢状態です。



別窓 | 島の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

水不足です。






上から順に、水不足で農園内の小川が枯れ枯れです。島民の命、時雨ダムの今日の貯水率が23.1%で、かなりピンチ!節水している人はかなりがんばってる。でも、稀にそうじゃない人も。
みなさんの「雨降れ~」の気持ちだけでも送ってください。

そして、久々に波乗りできた~!
意外に海に入ったらサイズもあって楽しかったよ(涙)

で、ハチミツ瓶詰めするのに、取り除いたアクを放置したら、いつものヤモちゃんがペロペロしに来ました。

アリンコとヤモちゃんは小笠原の養蜂家は要注意です。

ブログの文字をどうやって大きくしたらいいかわからなーい。
小さくて読みにくくてごめんなさい。


iPodから送信

別窓 | 島の暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

いろ~んなこと

お久しぶりでいろいろネタがたまりました。

 

年末年始、お正月を挟んで

 

なぜかニューヨーカーの生物学を学ぶ大学生達が

 

農園に研修に来ました。

 


2

 

私は、英語レッスンの成果もむなしく、

 

ちょびっとしか会話できませんでした。

 

きっと年齢が違いすぎたせい

 

でもみんなそれなりに楽しんだ模様。

1

 

 

風の強い日フィティイと散歩へ行くと

 

5

 

 

面白い雲 

 

4

 

ホバーリングする天然記念物の猛禽類

 

オガサワラノスリ 

 

3

 

公園では、ご近所のシェル、サニー、リリナ

 

と出会ったけど1枚の写真に

 

4頭一緒にお顔を映すのは

 

無理~~!

 

7

 

8

 

ジャングルのお散歩では

 

14

 

 

「ママ、早く!」と言っているように見えますが

 

すぐにビビって股の間に入り込み

 

歩きずらいったらないです。

 

15

 

 

ツルタコノキが巻き付いてジャングル感が

 

盛り上がります。

 

16

 

ノヤシ(セーボレーやし)も立派!

 

17

 

 

どんど焼きで、お正月飾りや、書初めを燃し

 

お餅を焼いてお汁粉で食べます。

 

11

 

誰かが門松の竹を火にくべてしまい 

 

すごい音で爆発!竹の節の中の空気が温められて

 

膨張し破裂。これが、爆竹の由来です。

 

そして、内地に寒波が来るたびに波がたち、

 

各ポイントで波乗りできましたー!

 

旦那様はおニューのボードをおろしました。 

 

19

 

12

 

21

 

20

 

22

 

 

大雪でお困りの皆さんすみません。

 

寒波よありがとう!!

 

そして、近頃多い子連れの農園ボランティアさん。 

 

赤ちゃんをおんぶで働いてくれています。

 

6

 

もう一人は、収穫かごに入れられてます。

 

9  

 

 

これは違う子だけどかごの中で寝ちゃったの。

 

萌え~。

 

10

 

 

オーナーの車に乗ると、

 

還暦のお祝いに私があげた

 

テディベアが。

  

23

 

足の裏には

 

24

 

そして、やっと今日のできごと。

 

毎年恒例の小学3年生の農園見学会。

 

25

 

30人くらいいるらしい。

 

人口2500人の父島だけど

 

子供が多くてびっくり!

 

本日のおまけ。

 

強風で舌が横に流されるフィティイ。

 

16  

 

 

 

 


別窓 | 島の暮らし | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 小笠原で心と体を癒すツアー   びーはーと B♡heart  | NEXT