小笠原で心と体を癒すツアー   びーはーと B♡heart 

目に青葉瓜に鶯初しぼり



変な題名でごめんです。「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」 をもじってみたけど・・・。

449.16.5.23

きゅうりのアーチにホトトギスじゃなくてウグイスでした。

ウグイスってよく濃い緑色でメジロと間違えているが方いますが(ウグイス餡のせいと思われます)うすいグレーに近い緑なんです。

この個体は幼鳥なのか、結構近づいても逃げません。

因みに小笠原では、内地の春に似た気候の冬によく鳴きます。

450.16.5.23

今年は蜂蜜が調子よいです。遅いと7月ごろじゃないと搾れないんですが、そろそろ絞れそう!

これは、森本農園のKオーナー。

うちも旦那様ががんばってます。

452.16.5.23

そしてフィーちゃんは

ボールで遊び

453.16.5.23

走る!

454.16.5.23

走る!

457.16.5.23

走る!

456.16.5.23

そして、は~し~る~!!

455.16.5.23

そして、ほとんどの歯が生え変わりました。

451.16.5.23

未回収の歯はどこかに紛れてるか、食べちゃったのかな?

子犬の歯の数は28本くらい、大人になると40本以上になるんですってよ。ちょっと奥さん知ってた?





にほんブログ村


にほんブログ村




別窓 | 養蜂 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

はちみつ搾り

おとといは、お休みだったので朝ゆっくり起きてビーチでヨガをたっぷりやりました。

赤土のところにヤギが群れでいます。わかるかなぁ?

76.15.11.20

そして後ろは枕状溶岩です。

78.15.11.20

わかりにくいので、アップ。

77.15.11.20

迫力あります。
これは海中で溶岩が地底から噴出した時、棒状の溶岩が冷えて固まりながら、積み重なりそれが隆起して陸地になった断面図です。

帰り道にお花が落ちています。

80.15.11.20

海岸イチビと呼んでいます。イチビとは一説には、一日→イチビで花が落ちてしまうかららしい。
しかも落ちる前は黄色いお花。落ちる時ルビー色に変わります。

79.15.11.20

家に帰ってしばらくすると蜂の世話を終えた旦那様が帰って来ました。今年最後と思われるハチミツが穫れたので、搾ります。

83.15.11.20

もちろんB’zを聴きながら搾りまっス。

ミツバチがためた蜜は、ふたをしてあります。それを剥がしてから遠心分離機で搾ります。

82.15.11.20

81.15.11.20

泥棒蜜蜂がいっぱい蜜を狙って飛んでくるので、テラスに蚊帳を張ってその中で搾っています。
超 家庭内工業な感じでしょ。

今年はけっこうたくさん採れました ヽ(≧∀≦)ノ




にほんブログ村


別窓 | 養蜂 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

蜜蝋キャンドル

桃の花が満開です。もうすぐひな祭りですからね!

690.15.2.28

さて、ぼちぼちしか売れないキャンドルですが、注文が入ったので作りました。
キャンドルの制作過程はこちらをクリック

696.15.3.1

そして、実験的に違う形も作ってみましたよ。

694.15.2.28

ハートです。穴をあけて芯を入れ

691.15.2.28

火を灯してみます。

692.15.2.28


暗くするときれいですぅ。

693.15.2.28

何が原因かわかりませんが、途中で消えてしまいました。またいろいろ実験しなければ!




別窓 | 養蜂 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

いきなり蜂蜜!その他もろもろ


昨日のことです。旦那様が今日は蜂蜜しぼるよーと言っていたのを忘れ、農園の仕事帰りに翌日のツアーのケーキは何ケーキにしようかな?などと考えながら歩いて家に帰るとなんと蜂蜜が!!採れている。今年は全然採れなかった蜂蜜が今頃結構採れている。

急いでご飯を作り食べ、タッチ交代。蜂蜜をしぼります。

493.14.12.1

蜂はためた蜜を濃縮して蓋をして保存します。

491.14.12.1

それを遠心分離機にかけるためナイフで蓋をはがします。

492.14.12.1

そしてしぼります。この作業が思っていたより時間がかかり夕方に。Oh Noケーキを焼く暇がなーい!

夕飯の支度や何やかんやで、ケーキのしたくし始め9時。あとのてんやわんやはご想像にお任せー。

494.14.12.1

できたー。島レモンのパウンドケーキ。うまうまー。


別窓 | 養蜂 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

キャンドル

久々に、養蜂家としてのお仕事をしました。蜂たちのお世話は旦那様がしていますが、蜂蜜をビンに詰めたり、キャンドルを作ったり、それを出荷したり経理をやっています。

今回は、キャンドルの注文が入ったので、どんな感じでできるのか紹介したいと思います。

202.14.8.24

まず、所定の位置以外に作ってしまった蜂の巣を火にかけて溶かします。

207.14.8.24

こんな感じに蜂蜜とロウに分かれます。蜂蜜は高温にして酵素が壊れてしまったので、自家用にします。この後、水に入れて、沸騰させ溶かし、布で不純物を濾します。これを2回繰り返します。

208.14.8.24

こんなふうにきれいになりました。

204.14.8.24

それを型に流し入れ一晩置きます。

205.14.8.24

完成!!あとは、ラッピングします。

206.14.8.24

はい、商品になりました。

このキャンドル型はお菓子のカヌレの型です。ラッピングケースはクッキーのケース。いろいろ頭をひねって考えました。

試行錯誤を繰り返し出来上がった時は、納得のものができて本当にうれしかったのを覚えています。

石油系のロウソクとは違って、すすが少なく、長持ちします。このキャンドルで約10時間もちます。
てつ家、アクア、トマトンにしか置いてません。レアですよ。税込 ¥970 いかがですか~。

内地の方は、父島出身のひとがやっている、茅ヶ崎の「ぐるぐるDining」においてます。よろしくですー。


別窓 | 養蜂 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 小笠原で心と体を癒すツアー   びーはーと B♡heart  | NEXT