小笠原で心と体を癒すツアー   びーはーと B♡heart 

ついに完成!


ずっと作りたいと思ってたミツロウクリーム。
7月6日にオープンするネイルサロンとお土産のお店「aina」のオーナーに是非にと頼まれ、試行錯誤の末ついに完成!あーでもない、こーでもないとやり直しに次ぐやり直し。最初のデザインなど、どこへ行ってしまったのー?と言うくらい。「aina」は名前から推測する通りハワイアン風の素敵なお店。おかげで私もお店のイメージに押され、オシャレなデザインになりました(たぶん)。
作品を作り上げるというのは、B'zの稲様も仰せの通り、至福の喜びじゃぁ~!ミツロウクリームは薬事法に引っかかって売れないので自分で作るミツロウクリームキットにしました。
売れるといいなぁ~。
あっ、ちなみにミツロウとは、ミツバチ達が体から出すロウの事でそのロウであの六角形の巣を作ります。はちみつを収穫する時に一緒に採れます。
ロウで作ったキャンドルも商品にしてますよー。



iPodから送信

別窓 | 養蜂 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミツバチの大量死

 

お久しぶりです。
実は題名の通り、大変な事が起きました。

 

私達の蜂は2カ所に分けて30群ほど飼っていますが、その内の1ヶ所で13群中8群が全滅!という事態が起こり原因究明中です。

 

いま、世界中で「蜂群崩壊症候群」という現象があり何万匹もの蜂が突如消えてしまったり、死んでしまうと言う恐ろしいものです。

 

それがまさか、わが身にふりかかるとは思いもよりませんでした。
自分たちなりに調査していますが、まだ原因は、不明です。

 

GWも重なり研究機関もお休みなのでとりあえず再び同じ事態が起きないようにお知らせを作り農業者に配ったりしています。

 

農薬が原因かどうかは分かりませんが、蜂に有毒な薬剤を使わないでほしい。と言うお知らせを作りました。

 

しばらくは忙しくブログの更新が滞ると思いますが、みなさん応援よろしくお願いします。

 

以下は私の作ったお知らせから抜粋した文章です。


昨今、世界的にミツバチが原因不明の大量死をしたり、失踪する事件が頻発しています。

 

その原因の1つが農薬の「ネオニコチノイド系」殺虫剤ではないかと言われています。

 

ヨーロッパではこの農薬との因果関係の全容究明を待って手遅れになることのないように

 

「予防原則」という考えから現在使用禁止となっています。しかし、アメリカや日本ではまだ普通に使われています。

 

私共の蜂が大量死したことの原因は現在わかっていませんが、島内外の養蜂家に問い合わせたところ殺虫剤が何らかの形で関係していることは否めないと言う意見です。

 

これは、全世界の養蜂家からのお願いです。

 

・ネオニコチノイド系殺虫剤の使用は、極力控えて頂きたい(ま   

 たは使用しない)

 

・ネオニコチノイド系とそれ以外の農薬も濃度を守り必要以上に

 濃い液を撒かないようにお願いします。

 

・できれば、ミツバチが巣に帰る夕方に散布して頂けるとありが

 たいです。

 

設置している蜂箱の6割が死んでしまい涙とため息しかでない今、何か対策を取らなければという必死の思いでこのお知らせを作っていますので各関係機関の皆様には失礼もあるかとは思いますがなにとぞご容赦ください。

 

もし、ミツバチがいなくなれば、果樹や野菜の受粉ができなくなり養蜂業、農業が共倒れとなります。島の産業に大きな打撃となることは間違いありません。

 

農薬を使われる皆さまに、この提案に賛同して頂きたく書面に立ち上げました。

 

どうぞ、どうぞ、どうぞよろしくお願い致します。

 

以上。

ということで、心が折れそうです。心情としたらペットを殺された気分です。

 

ネットで「ネオニコチノイド」「養蜂」などで検索するとネオニコチノイド系農薬禁止に向けての署名などがありますので賛同よろしくお願いします。

  

そして、いろいろな薬(例えばシロアリ駆除など)にネオニコチノイドは使われていますのでどんなに恐ろしい薬剤か知って頂きたいです。

 

蜂箱の底に積もった死がい↓

 

2017.5.7

 

賛同された方にこの記事のリンクをおねがいします。 































別窓 | 養蜂 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

目に青葉瓜に鶯初しぼり



変な題名でごめんです。「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」 をもじってみたけど・・・。

449.16.5.23

きゅうりのアーチにホトトギスじゃなくてウグイスでした。

ウグイスってよく濃い緑色でメジロと間違えているが方いますが(ウグイス餡のせいと思われます)うすいグレーに近い緑なんです。

この個体は幼鳥なのか、結構近づいても逃げません。

因みに小笠原では、内地の春に似た気候の冬によく鳴きます。

450.16.5.23

今年は蜂蜜が調子よいです。遅いと7月ごろじゃないと搾れないんですが、そろそろ絞れそう!

これは、森本農園のKオーナー。

うちも旦那様ががんばってます。

452.16.5.23

そしてフィーちゃんは

ボールで遊び

453.16.5.23

走る!

454.16.5.23

走る!

457.16.5.23

走る!

456.16.5.23

そして、は~し~る~!!

455.16.5.23

そして、ほとんどの歯が生え変わりました。

451.16.5.23

未回収の歯はどこかに紛れてるか、食べちゃったのかな?

子犬の歯の数は28本くらい、大人になると40本以上になるんですってよ。ちょっと奥さん知ってた?





にほんブログ村


にほんブログ村




別窓 | 養蜂 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

はちみつ搾り

おとといは、お休みだったので朝ゆっくり起きてビーチでヨガをたっぷりやりました。

赤土のところにヤギが群れでいます。わかるかなぁ?

76.15.11.20

そして後ろは枕状溶岩です。

78.15.11.20

わかりにくいので、アップ。

77.15.11.20

迫力あります。
これは海中で溶岩が地底から噴出した時、棒状の溶岩が冷えて固まりながら、積み重なりそれが隆起して陸地になった断面図です。

帰り道にお花が落ちています。

80.15.11.20

海岸イチビと呼んでいます。イチビとは一説には、一日→イチビで花が落ちてしまうかららしい。
しかも落ちる前は黄色いお花。落ちる時ルビー色に変わります。

79.15.11.20

家に帰ってしばらくすると蜂の世話を終えた旦那様が帰って来ました。今年最後と思われるハチミツが穫れたので、搾ります。

83.15.11.20

もちろんB’zを聴きながら搾りまっス。

ミツバチがためた蜜は、ふたをしてあります。それを剥がしてから遠心分離機で搾ります。

82.15.11.20

81.15.11.20

泥棒蜜蜂がいっぱい蜜を狙って飛んでくるので、テラスに蚊帳を張ってその中で搾っています。
超 家庭内工業な感じでしょ。

今年はけっこうたくさん採れました ヽ(≧∀≦)ノ




にほんブログ村


別窓 | 養蜂 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

蜜蝋キャンドル

桃の花が満開です。もうすぐひな祭りですからね!

690.15.2.28

さて、ぼちぼちしか売れないキャンドルですが、注文が入ったので作りました。
キャンドルの制作過程はこちらをクリック

696.15.3.1

そして、実験的に違う形も作ってみましたよ。

694.15.2.28

ハートです。穴をあけて芯を入れ

691.15.2.28

火を灯してみます。

692.15.2.28


暗くするときれいですぅ。

693.15.2.28

何が原因かわかりませんが、途中で消えてしまいました。またいろいろ実験しなければ!




別窓 | 養蜂 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 小笠原で心と体を癒すツアー   びーはーと B♡heart  | NEXT